• 待合室
  • 1.受付の前と、入り口ドアの近くに、アルコールスプレーを設置しています。(手指の消毒をお願いします。足踏み式と自動です。)
  • 2.換気扇を回し、窓を開けて、常時換気をしています。サーキュレーター、空気清浄機を設置しています。入り口のドアは開放するようにしています。(ドアは天候により開放度が変わります。窓は常時開けています)
  • 3.待合室の絵本、雑誌、新聞は撤去しています。
  • 4.ゴミ箱は撤去してます。ゴミは各自処理してください。(袋が必要なら差し上げます)
  • 5.待合室では、椅子の数を減らして、椅子の間隔を広く取り、座席の間隔もあけています。人数を超えると、調整します。
  • 6.ドアノブ、椅子、手で触れる部位は、頻回に、消毒をしています。

玄関ドア開放

取っ手を触らず出入り出来ます。換気のために開けています。

飛沫防止パネル

間隔を開けて着席下さい。7組を越えると人数制限します。

足踏み式手指消毒液


  • 診察室
  • 1.診療椅子は患者さん毎に、その都度頻回に、アルコール消毒しています。検査機器、治療機器の消毒は徹底しています。
  • 2.診療器具は、飛沫防止シールド越しに置いてあります。
  • 3.ユニットと、患者さんとの間に透明な飛沫防止シールドを置いてあります。
  • 4.診察室は窓を開けて、換気扇を回して、常時換気をしております。空気清浄器、サーキュレーターを設置しています。

サーキュレーター

換気のため複数設置しています。

空気清浄機

クリーンパーティション

HEPAフィルター式空気清浄機


  • 診療・検査 (岡山市の感染状況によって対応は変わります)
  • 飛沫を誘発する検査・処置は原則中止または制限しています。岡山市地域のリスクの程度により段階を決めたいと思います。
  • 1.ネブライザーは中止しています。(当分の間)
  • 2.インフルエンザ検査(他に溶連菌やアデノウイルスなど)は中止(制限)しています。(当分の間)
  • 3.鼻汁吸引、咳を誘発する検査、処置など飛沫感染防止のために制限しています。(当分の間)
  • 4.聴力検査のヘッドフォンや応答ボタンなど使用する器具については検査ごとに消毒を行っています。検査時は使い捨ての手袋を着用していただいております。
  • 5.鼻腔、咽喉頭の内視鏡検査は充分検討して、必要と判断したら(full)PPE装用下で施行します。(当日は施行せずに、数日以上経過してから施行することもあります。)(当分の間)
  • 6.滞在時間を短縮するため、簡単な問診などによる診察、投薬も行っております。
  • 7.院長はマスク、フェイスシールド、手袋(患者さん、処置毎に交換)、アームカバー、状況によりガウン、エプロンなどPPE装着で診察しています。対面時は、移動式透明版を置いています。スタッフも必要に応じて、対策しています。
  • 8.スタッフの体調管理(検温など)は毎日しております。
  • 9.アレルギー性鼻炎など症状の安定している方には電話による処方を受け付けます。(電話再診で薬の処方の案内 参照)

  • 診療 
  • ①発熱だけが続く②発熱と咳が続く③咳だけが続いている。①~③の症状だけがある方は、当院では呼吸器の検査が出来ないので、対応出来無いことがあります。
  • 乳幼児の診察には、スタッフや家族が全身を固定するなどの介助が必要であり、飛沫感染の予防は困難です。
  • 泣いて動くような乳幼児・小児には感染予防のために、検査や耳鼻科的(耳・鼻・咽頭)処置は一部制限しています。原則として実施しない処置もあります。(鼻汁の吸引など)

  • 受付窓口では、診察券、保険証、薬手帳のお預かりはしていません。
  • 1.受付窓口では、診察券を持参して、自動受付機で受付をして下さい。保険証、お薬手帳は写真を撮らせて頂きます、窓口でかざして下さい。終了後、診察券、保険証、お薬手帳は、そのまま収納して下さい。(お互いの余計な接触を避けるため、職員に指導しています。ご協力下さい)
  • 2.受付には、アクリル板でシールドを設置しています。(以前からですが)
  • 3.釣り銭として使う現金(紙幣、貨幣)は消毒しております。釣り銭はトレー(消毒済み)で、やりとりします。当院ではPayPay使用可です。

受付窓口

飛沫防止シールド設置しています


  • トリアージ
  • ・医師は、面談時や診察時には、 個人防護具(マスク、ゴーグル、フェイスシールド、手袋(患者さん毎、処置毎に交換)、ガウン等)を装着し、移動式透明板を間に設置して、感染予防対策を実施しております。
  • ・新型コロナウイルスによる感染は、症状が様々で普通の風邪の症状などと区別がつきません。そのため感染対策として、風邪症状のある方には、 新型コロナウイルス感染の可能性があると考え、他の患者さんとは違う動線で動いて頂き、感染対策を講じたうえで診察しています。
  • ・事前に連絡いただいた発熱など風邪症状の方、嗅覚味覚障害の方は一旦、車(院外)でお待ちいたただいて電話で、症状をお聞きします。
  • ・受付で初めて、嗅覚味覚異常、発熱などカゼ症状を申告された患者さんは、一旦、車(外)でお待ちいただき、当院から電話で症状をお聞きします。(HPの表紙の下部にあるWEB問診票に書いて頂き書き終わったら電話をして下さい)
  • ・症状によりますが、駐車場まで出向いて、面談、診察することがあります。
  • 以上安心して来院出来るように適宜対策をしております。