急に「におい」や「あじ」の異常を感じるようになった場合(COVID-19関連)5月25日改訂

急性の嗅覚・味覚障害についてのお願い(日耳鼻 2020年5月25日改訂)

〜新型コロナウイルス感染症の初期症状の可能性〜

新型コロナウィルスの感染で、他の症状がなくても、先行して急ににおいの異常(嗅覚障害) やあじの異常(味覚障害)を自覚することがあります。このことで各医療機関に多くの問い合わ せがきていますが、現時点では多くの施設で、基礎疾患がない、若年の軽症の方には、PCR検査 を行うことはできません。
においやあじが分からなくなる病気のほとんどが、新型コロナウィルス感染症とは無関係です 。しかし、元々鼻の病気がないのに、「急に」においやあじがわからなくなった場合は、新型コ ロナウィルスに感染している可能性もあります。念のため、周囲への感染を拡大させないように 、以下のようにこころがけてください。
① 「におい」や「あじ」の異常を感じてから8日間かつ症状が消えてから3日間が経過するま では、不要不急の外出を控えてください。マスクを着けて対話をして下さい。手洗いもこま めにしてください。医療機関への受診は控えて、毎日体温測定をしてください。
② 以下の場合は、速やかにお住まいの区市町村の帰国者・接触者相談センターにご相談くださ い。厚生労働省のホームページからも確認することができます。 1)息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合 2)高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある場合や人工透析を 受けている場合、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている場合
③ 嗅覚障害・味覚障害に対しての治療(対症療法)は、急ぎません。まずは何も薬を使わない で様子を見ましょう。自然に治ることが多いです。発熱や咳などの他の症状がなく、嗅覚障 害や味覚障害の症状が2週間以上経過しても変わらない場合は、耳鼻咽喉科外来までお問い 合わせください。 あなたとあなたの周りのみなさんの身を守るために、ご協力をお願いいたします。
 

以上は 日本耳鼻咽喉科学会から引用 2020年5月25日

以下は2020年3月30日の記載です。上記に変更になりました。

においや味が急にわからなくなったときに

万が一、新型コロナ感染症であったときに周囲の人に感染を拡大する可能性がありますので

・発熱や咳、息苦しさ、だるさがなければ2週間不要不急の外出を控える。

・医療機関への受診も控え、体温を毎日測定し、手洗いもこまめにする。

・人と接する際にはマスクを着けて対話をする。

・発熱の持続など相談の目安に該当すれば、帰国者・接触者相談センターに電話相談する。

・嗅覚・味覚障害の治療は急ぐ必要はありません。自然に治ることも多いのでしばらく様子を見てください。特効薬はありませんが、2週間経っても他の症状なく嗅覚や味覚が改善しない場合は耳鼻咽喉科外来を受診してください。

(日本耳鼻咽喉科学会のHPから引用 2020年3月30日)

嗅覚・味覚の症状だけで相談センターに電話しても、PCR検査の対象にはしないようです。(方針が変わらない限りは)
耳鼻科に受診してもコロナウイルス感染かどうかわかりませんので安易な受診は控えましょう。 今は全員が感染している可能性が0でないと考えて、自分と大事な人を守るために、他人に感染させないような生活をすることが、肝要です。