厚労省 新しい相談の目安「37.5度以上」削除 2020年5月8日 (COVID-19関連)

厚労省は、新型コロナウイルスの相談・受診の目安を改訂し、「37度5分以上の発熱が4日以上」とした表記を取りやめました。

「帰国者・接触者相談センター」などに相談の目安 (2020年5月8日から

・息苦しさや強いだるさ、高熱などの強い症状がある場合

・高齢者など重症化しやすい人で発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状がある場合

・重症化しやすい人でなくても「発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が続く場合」(症状が4日以上続く場合は必ず)

・(妊婦の方へ)
  妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに御相談ください。

・(お子様をお持ちの方へ)
  小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。