• 待合室
  • 1.待合室と、入り口ドアの外側に、2カ所アルコールスプレーを設置しています。(手指の消毒をお願いします)
  • 2.換気扇を回し、窓を開けて、常時換気をしています。入り口のドアは開放するようにしています。(ドアは天候により開放度が変わります。窓は常時開けています)
  • 3.待合室の絵本、雑誌、新聞は撤去しています。
  • 4.ゴミ箱は撤去してます。ゴミは各自処理してください。(袋が必要なら差し上げます)
  • 5.待合室では、椅子の数を減らして、椅子の間隔を広く取り、座れる人数の制限をしています。人数を超えると、調整します。
  • 6.ドアノブ、椅子、手で触れる部位は、その都度頻回に、消毒をしています。
  • 診察室
  • 1.診療椅子は都度頻回に、消毒しています。器具備品の消毒は徹底しています。
  • 2.診療器具は、シールド越しに置いてあります。
  • 3.ユニットと、患者さんとの間に透明なシールドを置いてあります。
  • 診療
  • 1.ネブライザーは中止しています。(当分の間)
  • 2.インフルエンザ検査(他に溶連菌やアデノウイルスなど)は中止(制限)しています。(当分の間)
  • 3.鼻汁吸引、咳を誘発する検査、処置など飛沫感染防止のために制限しています。内視鏡は充分検討して必要と判断したら施行します。(10日前後してから施行する可能性もあります)(当分の間)
  • 4.滞在時間を短縮するため、簡単な問診などによる診察、投薬も行っております。
  • 5.院長はマスク、フェイスシールド、手袋、アームカバー、ガウンなど装着で診察しています。対面時は、透明版で濃厚接触を避けております。スタッフも必要に応じて、対策しています。
  • 6.スタッフの体調管理(検温など)は毎日しております。
  • 7.アレルギー性鼻炎など症状の安定している方には電話による処方を受け付けます。(電話再診で薬の処方の案内 参照)
  • 受付窓口では、診察券、保険証、薬手帳のお預かりはしていません。
  • 1.受付窓口では、診察券を持参して、自動受付機で受付をして下さい。保険証、お薬手帳は写真を撮らせて頂きます、窓口でかざして下さい。終了後、診察券、保険証、お薬手帳は、そのまま収納して下さい。(お互いの余計な接触を避けるため、職員に指導しています。ご協力下さい)
  • 2.受付には、アクリル板でシールドを設置しています。(以前からですが)
  • トリアージ
  • ・医師は、面談時や診察時には、 個人防護具(マスク、ゴーグル、フェイスシールド、手袋、ガウン等)を装着し、透明板を間に設置して、感染予防対策を実施しております。
  • ・新型コロナウイルスによる感染は、症状が様々で普通の風邪の症状などと区別がつきません。そのため感染対策として、風邪症状のある方には、 新型コロナウイルス感染の可能性があると考え、他の患者さんとは違う動線で動いて頂き、感染対策を講じたうえで診察しています。
  • ・風邪症状の方は隔離スペースは無いので、外(車)でお待ちいたただいております。
  • ・受付で初めて、発熱などカゼ症状を申告された患者さんは、一旦、自家用車(外)でお待ちいただき、当院から電話で状態をお聞きする事があります。(HPの表紙の下部にあるWEB問診票に書いて頂き書き終わったら電話をして下さい)
  • ・症状によりますが、駐車場まで出向いて、面談、診察することがあります。