補聴器購入者が医療費控除を受けるための手続き

平成30年度から、医療費控除を受けられることが、厚生労働省、財務省によって承認されました。まず耳鼻咽喉科の補聴器相談医を受診して、診察後に「補聴器適合に関する診療情報提供書」を受け取り、「認定補聴器技能者」の勤務する「認定補聴器専門店」へ提出する。補聴器を購入した後に、その写しと領収書を受け取り、医療費控除対象として申請し、保存する。

申請手続き 日本耳鼻咽喉学会からのリンク

国税庁のHPからの抜粋-以下

医師による診療や治療などのために直接必要な補聴器の購入のための費用で、一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額は、医療費控除の対象となります。